シアリスジェネリック

シアリスとは

シアリスは、日本イーライリリー株式会社が製造・販売を行い、日本新薬より発売されているED治療薬です。バイアグラ、レビトラに次ぐ3番目のED治療薬として日本では2007年9月に販売が開始されました。成分名はタダラフィルといいます。

このシアリスの特徴は、極量20mg錠の服用で最大36時間という効果時間、副作用の少なさ・食事の影響の受けにくさがあげられます。とても長い効果時間を持つため、焦りや緊張、プレッシャーを気にせず服用することができ、とても飲みやすいED治療薬のため、2013年には日本新薬・日本イーライリリー株式会社よりED治療薬の全世界シェアが42%となり1位になったと発表されるほどの人気を得ています。世界の男性が最も服用しているED治療薬、それがシアリスなのです。

シアリスジェネリックとは

シアリスにジェネリック医薬品はあるのでしょうか。ジェネリック医薬品とは、新しく開発された薬剤(先発医薬品)の特許が満了となり、先発医薬品と同じ成分を使った、効き目・安全性・品質が同等の薬剤のことをいいます。ジェネリック医薬品も、臨床試験を行い厚生労働省に認められなければ販売できません。つまり、先発医薬品と効果・効能が同等で国が認めた後発医薬品、それがジェネリック医薬品です。現在、日本では国をあげてジェネリック医薬品の使用を推奨しています。

シアリスジェネリックは、国内ではシアリスの特許が残っているため製造・販売することが出来ず、国産のシアリスジェネリックはありません。2016~2017年にかけて発売されると噂されています。しかし、世界では多くのシアリスジェネリックが販売されています。

ファイザー社より販売されているバイアグラは、現在では国内でも特許が切れ国産のバイアグラジェネリックが販売されていますが、実は特許が切れる以前にファイザー社とマイラン社が後発医薬品事業において業務提携を結んだためマイラン社よりバイアグラジェネリックが販売されています。バイエル薬品より販売されているレビトラは、バイエル薬品が自らスタキシンというレビトラジェネリックを販売しています。このように、様々な理由で世界ではED治療薬のジェネリックが生まれているのです。

シアリスジェネリックもそういった事情の違いから世界では販売されており、著名なところではバイアグラを販売しているファイザー社から「タダリフト」というシアリスジェネリックが販売されています。他にも「タダリス」「タダシップ」「タダライズ」「メガリス」「アプカリス」「フォーゼスト」など、多くのシアリスジェネリックが存在しています。

日本で認可されていない、つまり流通していない医薬品を入手するには、インターネットを用いて個人輸入を利用するということがありますが、個人輸入から入手した薬剤は半分以上が偽物や偽造品であるというデータが出ており非常に危険です。ED治療薬は医療機関で処方を受けるようにしましょう。

シアリスジェネリックの効果はもちろんシアリスと同等になります。
・服用後およそ1時間ほどで効果が現れる
・効果時間は極量で30~36時間
・食事の影響を受けにくい
・副作用の頻度が少ない
・自然な勃起を促す
といった効果がシアリスジェネリックにはあります。シアリスとシアリスジェネリックの差はやはり価格、値段です。効果・効能、副作用も同じ薬剤ですから、価格の抑えられるジェネリックがお勧めです。

シアリスジェネリックを処方できない(服用できない)方

・硝酸剤を使用している方(内服薬に限らず、貼り薬やスプレーなど全て含まれます)
・今までシアリスやシアリスジェネリック(タダラフィル)でアレルギーを起こしたことのある方
・心血管系障害をお持ちの方、疾患により性行為を控えるよう医師から言われている方
・3ヶ月以内に心筋梗塞を起こしている方
・6ヵ月以内に脳梗塞・脳出血を起こしている方
・不安定狭心症の方、性行為中に狭心症を起こしたことのある方
・管理のされていない不整脈の方
・最大90mmHg未満、もしくは最小50mmHg未満の低血圧の方、また管理のされていない高血圧(安静時最大血圧170mmHg以上、最小100mg以上)の患者
・重度の肝障害のある方
・網膜色素変性症の方
・既婚者を除く未成年の方

以上のうちいずれか一つにでも該当している方は、シアリスジェネリックの処方を受けることが出来ません。服用に際し、ご心配な方はかかりつけの医師にED治療薬の服用が可能かどうかご確認の上で、ED治療専門のクリニックにご相談ください。ご相談の際は必ず、現在服用している薬剤が分かるもの(お薬手帳など)をお持ちください。